トイレの手洗い場所が水漏れのトラブルの原因

トイレの空間に余裕がある家では手洗い場所を設置することがあります。水道管を増設して手洗い場所を設置することで、利便性を向上することができます。ただし排水管が増えることにもつながるため、トラブルが起きた際のことも考えて設置する必要があります。

■手洗い場所からの水漏れ

手洗い場所を増やす事により、水道 修理をしなければいけない水のトラブルのリスクが高くなります。しかし、利便性が向上することにより、ストレスのない生活を送ることができます。水道管などからの水漏れは子供でも気が付くことができるので、トラブルが深刻化する前に対処できます。水漏れを放置すると水道代も高くなるので、無駄な出費を控えるためにも適切な対処が必要です。

■水道の元栓の設置

トイレに手洗い場所を設置する場合は、水漏れトラブルを想定して元栓を設置してもらうことも可能です。そうすることで、蛇口部分の水道で水漏れが起きても、元栓を閉めて一時的に水漏れを解決できます。業者が来るまでにトラブルを拡大させないためにも必要な設備です。トイレリフォームをする場合は将来的な水のトラブルも考えておきたいものです。


■まとめ
手洗い場所をトイレに設置することにより、利便性が向上します。しかし、水漏れなどのトラブルが発生することがあるので、適切に対応したいものです。事前に自分たちで対策をする方法を知っておき、トラブルが発生したらすぐに業者に相談をすることで被害を最小限に抑えられます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ