トイレの水漏れに気づいたらすぐに連絡を

水道 修理が必要なトイレの水漏れは、発見したらすぐに業者に連絡した方が良いです。そのまま放置しておくと被害はひどくなっていき、修理費用も高くなる可能性があります。また、水が漏れているのではないかというサインを見落とさないように日頃から注意して見ておくことも大切です。

■床が濡れている

トイレを使用していないにも関わらず、床が濡れている場合には、水漏れのトラブルが考えられます。中でも洋式トイレは、水を流す時も床が濡れる構造では無いため、床が濡れていることにより水漏れを発見しやすくなります。このようなサインを見落とさないようにして業者に連絡することで早く問題を解決できます。


■漏れている箇所を見つける

業者に連絡するときにトイレの水漏れの箇所を特定できていれば、事前に伝えておくことでスムーズに作業を行ってくれます。しかし、場所を確認するためにトイレを分解するのは間違った対応です。周囲を目視などで確認する程度で大丈夫です。場所を特定できれば業者もどのような作業をすれば良いか判断でき、部品調達もあらかじめ準備して現場に行くことができます。私たちに出来る事を進んで行うことで無駄な作業を省くことができます。

■まとめ
水道 修理の中には、自分で場所を特定することができる水のトラブルもあります。周囲を確認することで水が漏れている場所を特定することができれば業者も作業をスムーズに行えます。いつも利用している場所ですが、床が濡れているときには水漏れの可能性も視野に入れて対処法を考える必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ