トイレの水漏れは、場所により対応が異なる

トイレの水漏れは、場所によって修理などの対応が異なります。現在は複雑な構造のトイレも増えたので、トラブルの発生場所による修理などの違いを知っておくといざという時に役立ちます。

■配管の場合

トイレ 水漏れでは、配管からの水漏れトラブルがあります。水道管からのトラブルではきれいな水ですが、排水管の場合には、汚水になるので衛生的な問題も気になります。水道管だと配管を確認することができますが、排水管の場合には、床や壁に埋設していることがあります。そのため、臭いの発生や床が濡れていることにより気づくことが多いです。気づきにくく対応が遅れてしまうこともあり、取り替える工事も大掛かりになるケースが多いため厄介な場所です。

■便器の交換

トイレでの水漏れでは、便器の破損により水が漏れるトラブルも発生します。経年劣化による寿命でヒビが入ってしまっていると交換が必要になります。トイレの耐用年数は大体10年程度なので、それくらい経っているのであれば思い切って交換することで水漏れのトラブルを解決することができます。同じタイプの交換であれば、大掛かりな工事をしなくても作業が終了します。リフォームする場合でも、業者に現地で確認してもらい、アドバイスを受けることができます。

■まとめ
利用頻度の高いトイレは水のトラブルの発生も多い場所です。水が漏れる場所により対応する作業も異なるので、業者に相談をすることで問題を解決できます。長年利用している場合は、交換しなければいけない水のトラブルもあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ