新着情報&トピックス

7月4日「提案書企画書の作り方!」~2回目のアポイントにつながる!~ のご報告☆

掲載日:2012/07/16

 

報告が、ずいぶん遅れてしまいました!

 

ワークライフ・コラボの堀田です。

 

 

7月4日に、「提案書・企画書の作り方!」~2回目のアポイントにつながる!~と題して、

個人向けのブラッシュアップ講座を開催しました。

 

昼の部(15時~17時)、夜の部(18時半~20時半)と2回にわけて時間帯を作り

20名の方々にご参加をいただきました。

 

・・・

愛顔プロジェクト、は昨年度 愛媛県と愛媛県法人会連合会との協働事業で

いわゆる「女性活躍推進」をテーマにした、

 

企業には女性活躍の必要性を知っていただく場

個人(女性)には働くことへの意識向上や、横のつながりを持っていただく場

 

として開催しました。

 

 今年度からは、いろんな団体や企業、行政と絡みながら

国家戦略ともなっているこの「女性活躍推進」、

愛媛バージョンの「愛顔プロジェクト」を継続して進めていきます☆

 

・・・

 

そして今年度の第1弾としてのこの講座。

 

女性、にとらわれずに、男性の参加も何人かありました!

また、学生の参加も。

これがいいんですよね~!(^^)!

 

 

講師は、NPO法人いよココロザシ大学の泉谷昇さん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、

 

とにかく気さくで飾らない、フレンドリーnote なお人柄。

 

フィルムコミッショナーという別の顔を持ち

行政(県・市)でも約9年お仕事をされていた経験からも

視野も広くてアイディアも豊富な方です。

 

私自身も、ずいぶん前に泉谷さんの提案書の書き方の講座に参加し、

提案書に対する考え方を整理することができた経緯がありますsun

 

 

今回の講座は、「提案書はまったく作ったことがナイ」という方から

「提案書は仕事柄よく作っているが、整理のため」という方まで

さまざまな方が参加していたので

講師側はやりずらかったかもわかりませんが

 

まずは基本を押さえる、ことをわかりやすくレクチャーいただきました。

 

その一部をご紹介。(1部ですよ、1部・・・モッタイナイからpaper

 

☆ そもそも、その提案は「誰」にあてたものなのか?

  提案する相手(1個人、もしくは1企業)の向こうにいる人(消費者だったり社会だったり)をイメージすること。

 

・・・提出する相手ばかりのことを思っていては、相手の価値での提案になってしまう。

 

 

☆ その提案は、相手のかかえている問題を解決するのか?

 

・・・そこに「問題」があるから、その提案が活きるはず。問題を理解していなければ、その提案を必要とはされない。

 

 

 等々の、いくつかの確認事項を、事例を上げながらお話いただきましたupwardright

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、せっかくなので、ということで

個人で提案書を作る(練り直す)時間を設け、&、グループ内でそれを発表し、評価しあう時間も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、他人の目線・評価(良いも悪いも)が必要!up

 

提案書を作っていると、自分の世界にハマってしまいますから(笑)

それを冷静に見てもらう時間は必要。

 

 

 泉谷さんにも、いよココロザシ大学さんで作った数々の提案書や企画を

惜しみなくサンプルとして紹介していただき、

 

その経緯や苦労話などもいただきましたhappy01

 

&、その資料をみなさん写真撮影したり、持って帰ったり(笑)。

 

 

 

 

そもそも、ワークライフバランスを推進するワーコラが、
なんで「提案書企画書の作り方」なの? というご質問を受けましたが
ワークライフバランス(仕事も生活も楽しむ)のためには
仕事の仕方を見直す、ということも一つあります。
提案書や企画書は、個人差はありますが
けっこう時間がかかります。

 

悩みに悩んで、3時間、半日、ひどいときには丸1日いや何日もかかったり?!

 

企画書づくりでどっぷり残業・・・なんてことでは

会社側も経費がかさみますし、働いている側も時間がモッタイナイ!

 

今回の講座などで基本を押さえ、

ジブン時間を捻出していただきたかったのです。

 

ムダな提案書を作らず、2回目につながる提案を作れば

会社も自分もハッピー☆heart01 というわけです。

 

 

参加者の方からの声をお1人ご紹介。

 

cloverこういうグループでのディスカッション、大人になっては初めての経験でしたが、

学生時代を思い出して楽しく参加できました。

知らない事、知らない世界ってまだたくさんあるなあと、おとめのようにわくわくさせていただきました。
とても良い刺激になりました。」

 

 

参加者のみなさん、講師の泉谷さん、本当にありがとうございました!!delicious

 

 

(ワークライフ・コラボ 堀田真奈)

Page top