新着情報&トピックス

10月20日、坊っちゃん劇場さんとのコラボ「舞台俳優から学ぶコミュニケーション術」のご報告☆

掲載日:2012/11/9

 

 

こんにちは、ワークライフ・コラボの堀田です。

 

日が経ちましたが、10月20日に、坊っちゃん劇場さんにて

 

舞台俳優に学ぶコミュニケーション研修
「伝える力」「引き出す力」!

 

を開催いたしました☆

 

坊っちゃん劇場さんとは。

 

西日本初!地域文化発信の常設劇場として愛媛県東温市に設立されました。

 

オリジナル作品、そして同じ作品を、1年間ロングランで上演しているのは

日本でここだけ!という

素晴らしい劇場です。

 

現在、7作目の「幕末ガール」(日本初の女性産科医のオイネさんの生き方をミュージカルにて)

 

劇団四季ご出身の俳優さんなどもいて

レベルが高い作品です。

 

 

そう、そんな、全国レベルの劇場さんとコラボをさせていただき。

 

舞台俳優さんから、コミュニケーションとは何?を学ばせていただきました。

 

 

今回、講師役をしていただいたのは、

舞台俳優の加藤富子さん!

 

幕末ガールでは、オイネさんの母役のタキを演じられていました。

実は舞台であと4役も演じられていたそう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企業の約8割が、人材を採用する際に求めるのは「コミュニケーション能力」。

 

そもそも、コミュニケーション能力って何?

 

話上手なこと?

 

人と話をすることが苦手=コミュニケーション能力がない、ではありません。

 

 

地方から全国へ、地域ならではの舞台を広めている坊っちゃん劇場さん。

 

「舞台俳優たちは、ただセリフを覚えて言葉を発しているだけではありません」

と、俳優の加藤富子さん。

 

「どんな仕事も互いに関係しあっていると思います。関係性を創り出せること。

また自分の中に無意識にいる新しい面を発見して頂いて、やりたいことに一歩足を踏み出していただければと思います。」

 

そんな、柔らかなメッセージをいただきました。

 

今回は、参加者は少なめの10名。

 

社会人だけでなく、大学生が1名参加してくれていました!!

 

 

だからこそか、加藤さんが1人1人の目をみながら、

じっくりと向き合って、参加者同士で対話することができました!

 

 

 

まずは、幕末ガールを2時間ほど観劇し、(笑いあり、涙あり。)

 

終了後は、出演されている俳優さんたちとショット☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあと、俳優さんやスタッフさんが控えている舞台裏に案内され

 

練習室にて講座を開催しました。

 

 

まずは口を開けたり、発声をしたり

身体を屈伸したり。

心も身体もほぐしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりネタはお披露目できませんが、

 

仲間づくりゲーム、

鬼さがしゲーム、

なりきりゲーム

 

などなど、ゲームを通じて、自分のコミュニケーションの癖に気づいたり

こうすれがより良くなる、ということに気づかされたり。

 

楽しみながら、コミュニケーションの本質を体で感じたような時間でした。

 

 

また、実際に、幕末ガールでの1場面の台本をいただき、

その役になっての発表。

 

これは恥ずかしさとともに、

いいトレーニングになりました。

 

この役の人物は、「何を思って」このセリフをいったのか。

また、掛け合う相手役の方に、「どういう思いを持って」このセリフを言ったのか。

 

 

相手の気持ちになること。

 

それが基本だから、と加藤さんに言われ、

それでずいぶん、セリフの読み方が変わったと感じました。

 

 

終了後のみなさんからのアンケートの声を2つご紹介。

 

☆ コミュニケーションもそうですが、自分自身を振り返ることができました。

  心を開いて、相手に接するということ。

  明日から実行していきたいと思います!!

 

☆ 終了後思うこと、金額(参加費7000円)は高くありませんでした!

  舞台を観るのも初めてで、楽しめる研修も初めてでした!

 

 

 

加藤さんをはじめ、坊っちゃん劇場のみなさま、本当にありがとうございます!!

 

 

みなさん、本当にお疲れ様でした。笑顔が素敵でした。

 

翌日は、顔が筋肉痛だったのは、私だけでしょうか・・・(笑)

 

 

 

 

 

Page top

7月4日「提案書企画書の作り方!」~2回目のアポイントにつながる!~ のご報告☆

掲載日:2012/07/16

 

報告が、ずいぶん遅れてしまいました!

 

ワークライフ・コラボの堀田です。

 

 

7月4日に、「提案書・企画書の作り方!」~2回目のアポイントにつながる!~と題して、

個人向けのブラッシュアップ講座を開催しました。

 

昼の部(15時~17時)、夜の部(18時半~20時半)と2回にわけて時間帯を作り

20名の方々にご参加をいただきました。

 

・・・

愛顔プロジェクト、は昨年度 愛媛県と愛媛県法人会連合会との協働事業で

いわゆる「女性活躍推進」をテーマにした、

 

企業には女性活躍の必要性を知っていただく場

個人(女性)には働くことへの意識向上や、横のつながりを持っていただく場

 

として開催しました。

 

 今年度からは、いろんな団体や企業、行政と絡みながら

国家戦略ともなっているこの「女性活躍推進」、

愛媛バージョンの「愛顔プロジェクト」を継続して進めていきます☆

 

・・・

 

そして今年度の第1弾としてのこの講座。

 

女性、にとらわれずに、男性の参加も何人かありました!

また、学生の参加も。

これがいいんですよね~!(^^)!

 

 

講師は、NPO法人いよココロザシ大学の泉谷昇さん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、

 

とにかく気さくで飾らない、フレンドリーnote なお人柄。

 

フィルムコミッショナーという別の顔を持ち

行政(県・市)でも約9年お仕事をされていた経験からも

視野も広くてアイディアも豊富な方です。

 

私自身も、ずいぶん前に泉谷さんの提案書の書き方の講座に参加し、

提案書に対する考え方を整理することができた経緯がありますsun

 

 

今回の講座は、「提案書はまったく作ったことがナイ」という方から

「提案書は仕事柄よく作っているが、整理のため」という方まで

さまざまな方が参加していたので

講師側はやりずらかったかもわかりませんが

 

まずは基本を押さえる、ことをわかりやすくレクチャーいただきました。

 

その一部をご紹介。(1部ですよ、1部・・・モッタイナイからpaper

 

☆ そもそも、その提案は「誰」にあてたものなのか?

  提案する相手(1個人、もしくは1企業)の向こうにいる人(消費者だったり社会だったり)をイメージすること。

 

・・・提出する相手ばかりのことを思っていては、相手の価値での提案になってしまう。

 

 

☆ その提案は、相手のかかえている問題を解決するのか?

 

・・・そこに「問題」があるから、その提案が活きるはず。問題を理解していなければ、その提案を必要とはされない。

 

 

 等々の、いくつかの確認事項を、事例を上げながらお話いただきましたupwardright

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、せっかくなので、ということで

個人で提案書を作る(練り直す)時間を設け、&、グループ内でそれを発表し、評価しあう時間も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、他人の目線・評価(良いも悪いも)が必要!up

 

提案書を作っていると、自分の世界にハマってしまいますから(笑)

それを冷静に見てもらう時間は必要。

 

 

 泉谷さんにも、いよココロザシ大学さんで作った数々の提案書や企画を

惜しみなくサンプルとして紹介していただき、

 

その経緯や苦労話などもいただきましたhappy01

 

&、その資料をみなさん写真撮影したり、持って帰ったり(笑)。

 

 

 

 

そもそも、ワークライフバランスを推進するワーコラが、
なんで「提案書企画書の作り方」なの? というご質問を受けましたが
ワークライフバランス(仕事も生活も楽しむ)のためには
仕事の仕方を見直す、ということも一つあります。
提案書や企画書は、個人差はありますが
けっこう時間がかかります。

 

悩みに悩んで、3時間、半日、ひどいときには丸1日いや何日もかかったり?!

 

企画書づくりでどっぷり残業・・・なんてことでは

会社側も経費がかさみますし、働いている側も時間がモッタイナイ!

 

今回の講座などで基本を押さえ、

ジブン時間を捻出していただきたかったのです。

 

ムダな提案書を作らず、2回目につながる提案を作れば

会社も自分もハッピー☆heart01 というわけです。

 

 

参加者の方からの声をお1人ご紹介。

 

cloverこういうグループでのディスカッション、大人になっては初めての経験でしたが、

学生時代を思い出して楽しく参加できました。

知らない事、知らない世界ってまだたくさんあるなあと、おとめのようにわくわくさせていただきました。
とても良い刺激になりました。」

 

 

参加者のみなさん、講師の泉谷さん、本当にありがとうございました!!delicious

 

 

(ワークライフ・コラボ 堀田真奈)

Page top

4/22 「輝く女性になるために」のご報告!

掲載日:2012/04/25

4月22日(日)に、株式会社ヴァンサンカンさんとの

協働企画を開催致しました。

 

当日の様子&ご報告はコチラから。

 

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!

 

愛顔プロジェクトは、24年度も継続して実施していきます。

詳細が決まり次第、アップ致しますので、お楽しみに!

Page top

医療関係勤務 40代女性 松山市在住の方の声

掲載日:2012/04/21

愛顔プロジェクトのご参加されたセミナー

 

第1回 キックオフセミナー

第2回 タイムマネジメント研修&交流会

第4回 経営者との交流ディスカッション

第5回 キャリアデザインセミナー




愛顔プロジェクトにご参加されたきっかけと、参加されての感想

ちょうどプロジェクト開始当時、メンタルを患って退職した夫に代わって自分が大黒柱役を担っており、肉体的にも精神的にも辛い状況でした。
なんとか家族と仕事に明るい気持ちで向き合うために、自分の枠を広げたい!いろんな発想をもつ女性の話を聞きたい!という気持ちで参加しました。

参加してみて、男女の役割に関してなど自分の価値観がいかに古いかに気づき、様々な夫婦の形があってよいと肯定できるようにもなりました。夫や子ども達とのコミュニケーションのありかたも改善したと思います。
夫はまだ求職中ですが私自身の気持ちが楽になり、仕事の成果もあがりはじめました。本当に参加してよかったと思います。




女性活躍推進や人材育成について思うこと、取り組んでいること

 

働く女性自身が、フルタイムとかパートタイムといった枠組みにとらわれずに、家庭や地域生活を担う同志として、知恵を共有しスキルを高めあえたらいいな、と思います。今後は介護の問題も増加して、ますます家族・働き方の形は多様化しそうですが、その時にタッグを組んだら強いんじゃないでしょうか…?

所属する病院では、リハビリスタッフだけでも160人余りおり、半数は女性です。職種の特性上、男女でスキルに優越はないと思いますが、管理職となると女性は少ないです。管理職になると残業が避けられず、ストレスも多いことから家庭に支障が出たというのが経験した感想です。




今後、愛顔プロジェクトにのぞむこと

自分の今持っているスキルを見つめなおし、70歳まで(笑)働き続けるためにはどのように自分をブランディングするか(≒スキルアップするか?)…ということを考えるのも今後必要な発想かな、と思います。

Page top

赤松嘉人さんの声

掲載日:2012/04/21

愛顔プロジェクトのご参加されたセミナー

 

第4回 経営者との交流ディスカッション

第5回 キャリアデザインセミナー




愛顔プロジェクトにご参加されたきっかけと、参加されての感想

きっかけは私が後輩の女性社員の教育係りを担当したことにあります。後輩社員の将来的なキャリアについて考えていた折、当該プロジェクトの存在を知り、参加に至りました。

参加した感想として、第4回のイベントでは「女性活躍推進には女性の意識も重要である」という事を学びました。
特に印象に残っているのが「女性に優しい職場環境が良いのではなく、女性が活躍できる職場環境が良い」というお話です。
性差を尊重しながらも、フラットに切磋琢磨できる環境を目指そうと思いました。

第5回のイベントでは「イクメンがなぜ今、必要なのか」という事を、色々な視点から知る事ができました。
中でも「男性が仕事に没頭する余り、生活者としての感覚を失う事は、企業にとってもデメリットである」という視点は、企業側にとっても分かり易い話だと感じました




女性活躍推進や人材育成について思うこと、取り組んでいること

 

セミナーに参加した感想をFacebookにアップしたところ、友人の女性から「育児休暇を取得するだけでも渋い顔をされ、結局退職せざるを得なくなった」という話を聞きました。
それを受け、まだまだ女性活躍推進の為の体制すら出来ていない企業がある事を知りました。私に出来る事は、SNS等を利用して、得た情報を周囲に発信・共有する事にあると思います。そうした取り組みを継続したいと思います。

人材育成に関しては、性差に焦点を当てた特別な取り組みはございません。後輩の女性社員に対しては、仕事にやりがいを感じてもらえるよう「なぜこの業務を行うか」という本質的な部分を伝えるように心掛けています。




今後、愛顔プロジェクトにのぞむこと

Q3のAで述べたように、まだまだ女性活躍推進の為の体制すら出来ていない企業があることを知りました。
女性に活躍推進の意識を求めるばかりでなく、男性や企業がより理解を深めなければならないと感じました。
そこで、男性や企業をメインターゲットにしたイベントの開催を希望します。

Page top